CADSUPER.JPロゴマーク

CADSUPER FAQ 【作図編】

CADSUPER で良くあるお問い合わせ

サポートセンタに良くあるお問い合わせを整理して掲載致します。


作図編編集編寸法・文字編設定編レイヤ編出力編変換編その他機能編トラブル対処編

■ 作図編 INDEX

■要素の欠損部分に補助線を描きたい。


上部日本語メニューから[作図]→[線]→[補助線]

補助線を作図するコマンドです。


[コマンドモード1]を要素に変更して補助線を作図したい要素を選択します。


円弧の場合は円周内全てに直線であれば [コマンドモード2]で描画範囲を選択する事ができます。





■サイン曲線を描画したい。


サイン曲線作図コマンド

アイコンは、[設定]−[コマンド定義]−[ツールバー]−[作図]−[サイン曲線]のアイコンを出します。



画面上から開始点を指定して、コマンドモードで開始角度・終了角度・振幅・波長を入力して作図してください。




■螺旋を描きたい。


螺旋作図コマンド

アイコンは、[設定]−[コマンド定義]−[ツールバー]−[作図]−[螺旋]のアイコンを出します。


コマンドモード1でアルキメデス・対数螺旋。コマンドモード2・3で巻き数や右巻き・左巻きを選択します。




■作図補助の為、方眼紙を作成したい。


CADSUPERではグリッド表示が可能ですが、アイソメ作図や製図手法で利用する方眼紙を配置し、作図補助として利用できます。

[ツール]−[プロコマンド]−[方眼紙]

コマンド実行後、[スペース]キー押下で設定画面を呼び出します。


X,Y間隔を入力し[OKを押します。アイソメ用に利用する場合は、角度、距離を入力します。
基準位置をクリックします。絶対座標を基準位置にする場合は、何もクリックせず[確定]します。
※方眼紙の要素は現在選択されているカレント属性です。補助線を選択後、方眼紙コマンドをご利用下さい。




■元図の変更に対応した詳細図を配置したい。


従来の詳細図コマンドでは、詳細図配置後元図に変更があった場合、詳細図側では変更されません。連動詳細図コマンドをご利用頂く事で、元図・詳細図の形状が連動致します。

<詳細図作成>
  1. [投影図]−[連動詳細図]を選択します。

  2. 詳細図範囲をクリックします。※コマンドモード1にて、詳細図枠を円/矩形選択できます。
    また、ここでEnterキー押下にて、詳細図設定ダイアログを表示できます。
    レイヤセット・レイヤ名・縮尺や詳細図注記の変更が可能です。

  3. 詳細図配置位置をクリックします。


<詳細図編集>

詳細図編集には、下記コマンド群をご利用下さい。


[投影図]−[連動詳細図編集]

コマンドモード1切替で下記動作ができます。

  • 詳細図移動
  • 詳細図サイズ変更
  • 注記名変更
  • 注記表示/非表示




  • [投影図]−[プロパティ]

    詳細図をクリックする事で下記動作ができます。

  • 縮尺変更
  • 詳細図枠(フレーム表示)表示/非表示



  • [投影図]−[削除]

    配置した詳細図を削除する場合に利用します。



    [投影図]−[連動図展開]

    詳細図を、通常要素に変換します。元図とのリンク動作は無くなります。



    ■図面に、PDFやExcel、画像ファィルを挿入したい。


    図面内に、オブジェクトとしてExcel/Wordや、PDFを挿入する事が可能です。挿入したデータは、元のソフトウェアの情報を保持している為、図面内に配置後も、そのソフトウェアで編集可能です。
    CAD図面のPDFを、CAD要素(ベクター要素)として変換する場合は、[ファイル]−[開く]コマンドよりPDFを開いて下さい。

    <ファイル全体を挿入>

    1. 挿入する図面を開き、[編集]−[オブジェクト]−[作成と貼り付け]を実行します。

    2. [ファイルから作成] を選択、[参照]ボタンより挿入ファイル選択し[開く]


    3. [OK]ボタンクリックで配置します。
      ※オブジェクト編集モード中は、配置したオブジェクトの拡縮や移動等が可能です。
      また、配置オブジェクトをダブルクリックする事で、関連ソフトウェアが起動し、編集動作になります。起動する動作は、該当ソフトがそのPCにインストールされている事が条件となります。
      オブジェクトコマンド以外を実行する事で編集モードが終了致します。



    <範囲指定挿入>

    1. 挿入したいデータを開きます。ExcelデータであればExcelにて、画像データであればペイントソフト等で開きます。

    2. 挿入したい範囲を選択、右クリックし、[コピー]を選択します。(こちらはご利用のソフトによりコピー手順が違います。)


    3. CADSUPERにて、挿入する図面を開き、[編集]−[オブジェクト]−[編集モード]を実行します。

    4. 配置位置でマウスを右クリックし、[貼り付け]を選択します。


      ※CADSUPERの黒背景にExcel/Wordを挿入した場合、利用文字等が黒色の場合は、黒背景に埋没してしまいます。Excel/Word側にて文字色を変更頂くか、Excelの場合はセルの書式設定−塗りつぶしタブよりセル背景色を白色に変更して下さい。







    ■破断線を作図したい。


    線・円筒等、形状により破断線の形状が変わります。この破断線作図用コマンドがプロコマンドにあります。

    【 操作手順 】

    1. [ツール]−[プロコマンド]−[破断線]を選択します。

    2. 破断線の始点・終点をクリックし作図します。


    3. コマンド実行中にスペースキーを押すことで、破断線のプロパティ呼び出しが出来ます。



    また、下記形状も「破断線2」「破断線3」コマンドにて作図できます。
    <破断線2>

    <破断線3>



    ■円中心線を放射状に配置や、配置縮尺に合わせてはみ出し長を変更したい。


    円中心線コマンドは、既存の円・円弧要素に対し一括で中心線を配置する事ができます。設定により、放射状に配置やはみ出し長の配置方法を変更できます。

    【 操作手順 】

    1. [ツール]−[プロコマンド]−[円中心線]を選択します。

    2. スペースキーを押します。
      角度を「一括放射」にする事で円周上に配置した円要素に対し、中心線を放射状に配置致します。



      はみ出し長を「用紙系」にする事で配置したレイヤ縮尺を考慮したはみ出し長になります。

      <例>1/2レイヤに配置
       用紙系配置          実寸系配置
       縮尺を考慮し、5mm×2     どの縮尺レイヤでも指定した長さ5mm





    ■無限長の補助線を配置したい。


    【 操作手順 】

    1. [作図]−[線]−[補助線]を選択します。


    2. コマンドモード2を[無限]にし、図面の配置位置をクリックします。








    ■要素補間


    【 操作手順 】

    1. [作図]−[要素補間]

      指択した同種2要素間を指定数分埋めます。
      同種の2要素を選択、指定数を入力。







    ■直径・半径・タップの寸法線を作成するには「径引出し」コマンドが便利?


    • 径引出しコマンドとは?
      直径・半径・タップの寸法線作成時に前文字・後文字などを
      付加することができるコマンドです。

    【 操作手順 】

    1. 「ツール」-「プロコマンド」-「径引出し」を選択します。





    2. 寸法線の設定を行います。



      青色:寸法線の種類を選択します。
      赤色:チェックを入れて内容を記載することで、前文字・寸法値・後文字の指定が可能です。
      緑色:直径記号(φ)・半径記号(R)・タップ(M)の有無を選択できます。



    3. 円・円弧を選択して引出します。



      様々な形式の寸法線の作成が可能です。



    ■【作図】-【要素補完】機能とは、どのような機能でしょうか?


    • 「要素補完」機能とは、指定した2要素間に要素を作図(要素を補完)する機能です。

    【機能(1)】

    • 2点を指定した場合、下図の様になります。

      (1) 点(A)と(B)を指定します。



      (2) 作図する要素の個数を指定します。



      (※赤色の点が、補完要素として作図された点要素です。)

    【機能(2)】

    • 異なる2線を選択した場合、指定線分間を補完する線分が作図されます。

      (1) 線分(A)と(B)を指定します。



      [コマンドモード3]=[台形]の場合




      [コマンドモード3]=[扇形]の場合



      (※赤色の線分が、補完要素として作図された線分です。)

    【機能(3)】

    • 異なる2円弧を選択した場合、指定円弧間を補完する円弧が作図されます。

      離れている2円の場合




      内包される2円の場合



      (※赤色の円が、補完要素として作図された円です。)

    【機能(4)】

    • 同じ「線分」を指定、もしくは「線分」指定後に「確定」した場合、指定線分上を分割する点が作図されます。



    【機能(5)】

    • 同じ「円弧」を指定、もしくは「円弧」指定後に「確定」した場合、指定円弧上を分割する点が作図されます。





    ■ 平行四辺形や、円に接する楕円を作図したいのですが?


    • 「コマンド定義」から、「楕円3」/「楕円弧3」、及び「楕円4」/「楕円弧4」のコマンドを割り付けることで、作図できるようになります。

      1. 「楕円3」/「楕円弧3」
        平行四辺形の4辺を指定することで、4辺に内接する楕円/楕円弧を作図することができます。
        ※対する線同士が、平行であることが作図の条件となります。

      2. 「楕円4」/「楕円弧4」
        円に内接する楕円/楕円弧を作図することができます。
        円、傾き角度、短径を指定して作図を行います。
        ※円の直径を超える短径を指定した場合は、作図されません。

    【 コマンド割付手順 】

    1. 「設定」メニューより、「コマンド定義」を選択します。



    2. 「ツールバー」のタブより、「作図」を選択します。



    3. 最下段の各コマンドより、必要なコマンドを、ドラッグして任意の場所に割付ます。




    【 作図手順 (平行四辺形に内接する楕円)】

    1. 平行四辺形の形状を成す線分を4本指定します。

    2. [確定]します。

    3. 指定した平行四辺形に内接する楕円が描画されます。



    【 作図手順 (円に内接する楕円)】

    1. 円を指定します。

    2. 傾きを指定、または傾き角度を入力して「Enter」キーを押します。

    3. 短径を入力して「Enter」キーを押します。

    4. 指定した円に内接する楕円が描画されます。





    ■ 円の接線を角度をして描く方法


    • 円の接線を角度をして描く方法をご紹介します。動画によるご説明もご参考にしてください。

    【 操作手順 】

    1. 「作図」メニューより、「線」-「角度線」を選択します。



    2. 接線を描く円を指定します。


    3. 角度を入力し「Enter」を押します。



    4. 接線の始点・終点を指定します。

      【始点の指定】                  【終点の指定】


    尚、上記の操作手順を、動画にてご紹介します。

    下記をクリックしてください。

    ・円の接線を角度をして描く方法(動画再生)



    ■ CSV、テキストファイルの座標データから、一括して点を作図する方法


    • 「作図」-「点」-「座標読込」で、座標が入力されたCSV、テキストファイルを読込ます。

    【 操作手順 】

    1. 「作図」-「点」-「座標読込」を選択します。



    2. 座標が入力されたCSV、またはテキストファイルを指定します。






    3. 基準点を指定します。



    4. 点が作成されます。






    ■ アイソメ図の作成手順について movie


    アイソメ図の作成手順を、動画にてご紹介します。

    下記をクリックしてください。

    ・アイソメ図の作成手順(動画再生)



    ■ コマンドを切替えずに、水平・垂直・平行方向に、延長線を作図できますか?(Ver2〜)


    • 「延長線コマンド」を使用すると、水平・垂直・平行コマンドを切替えなくても、ワンコマンドで指定部分の延長線上に線分を作図できます。

    【 操作手順 】

    1. 「作図」-「線」-「延長線」を選択します。



    2. 延長線の基準となる線を指定します。


    3. 延長線の始点を指定します。


    4. 延長線の終点の位置を指定します。または、始点からの距離を入力し「Enter」します。






    ■ 選択した2つの要素の間に、中心線を作図したい。(Ver9〜)


    • 「作図」-「線」-「中心線」で、簡単に正確に中心線を作図できます。

    【 操作手順 】

    1. 「作図」-「線」-「中線」を選択します。



    2. 要素@を指定します。


    3. 要素Aを指定します。


    4. 下記は、中線作図の例です。


    【 はみ出し長の設定 】

    コマンド選択時に、スペースキーを押すと、中線のプロパティが表示され、はみ出し長を指定することができます。






    ■ 図面に任意の画像データを配置したい。(2016強化機能)


    • 「イメージの挿入、成型機能」にて、任意の画像データの配置、及びサイズ変更が可能となります。

    【画像イメージデータの挿入手順】

    1. 「ツール」メニューから、「イメージ」-「挿入」を選択します。



    2. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されます。
      挿入する画像ファイルの形式を選択し、ファイルを選択します。

      ※挿入できる画像のフォーマットは、BMP、GIF、JPEGです。



    3. コマンドモード「配置サイズ」が「原寸配置」の場合、配置位置(画像の左下)を指定します。
      コマンドモード「配置サイズ」が「サイズ指定」の場合、対角点指定で配置位置、サイズを指定します。



      ※「コマンドモード」について
         原寸配置・・・サイズを変えずに画像を挿入します。
         サイズ指定・・・サイズを指定して画像を挿入します。


    【画像イメージデータのサイズ変更・移動・複写手順】

    (1)サイズ変更

    1. 「ツール」メニューから、「イメージ」-「成形」を選択します。

    2. コマンドモード「編集」を「サイズ変更」にします。



    3. イメージ要素の拡縮したい部分を指定します。

    4. 拡縮位置を指定します。



    (2)移動

    1. 「ツール」メニューから、「イメージ」-「成形」を選択します。

    2. コマンドモード「編集」を「移動」にします。



    3. イメージ要素を指定します。

    4. 移動位置を指定します。



    (3)複写

    1. 「ツール」メニューから、「イメージ」-「成形」を選択します。

    2. コマンドモード「編集」を「複写」にします。



    3. イメージ要素を指定します。

    4. 複写位置を指定します。





    ■ 円弧要素をオフセットすると、直線要素と円弧要素に分割される。


     ※要素を外側にオフセットした場合




    • [設定]―[ユーザープロパティ設定]で、オフセットの設定を「分解線分で作成」に変更すると、円弧要素としてオフセットされます。

    【 操作手順 】

    1. [設定]―[ユーザープロパティ設定]―[作図]タブを選択します。



    2. 曲線のオフセットで、「分解線分で作成」を選択します。



    3. 「登録」をクリックして、ユーザープロパティを上書き保存します。

    4. 「OK」で「ユーザープロパティ設定」画面を閉じます。




    ■ FXにあったコマンドは、どこにありますか。


    • 線の端点・円の中心に点を打つ「端点」コマンド
    • 長径と短径を指定して描く「楕円」コマンド

    拡張コマンドとして搭載されています。
    お手数ですが、コマンド割付してメニューに登録する必要があります。
    メニューの【コマンド定義】-【ツールバー】からコマンド割付けします。

    fx2-faq ・端点 コマンド
    ・楕円2 コマンド
    ・仕上げ記号(FXタイプ) コマンド


    • [プロコマンド]-[切断線]コマンド
    • [プロコマンド]-[2線間]コマンド

    コマンドのある場所や、名称が変更されています。
    ・「切断線」⇒【投影図】-【切断線】
    ・「2線間」⇒【作図】-【線】-【中線】
    ・「断面性能計算」⇒【ツール】-【計算】-【断面性能計算】
    ※FXUCD内ドキュメントも参考にしてみてください。(FXコマンド対比表.pdf)



    • [変更]-[現属性]コマンド
    • [点]-[分割点]コマンド

    FXUでは、コマンド統合がはかられて、モードを切り替えて使うようになりました。

    fx2-faq ・現属性 コマンド
    ・分割点 コマンド


    ■ モードを切り替えを毎回変更するのは面倒。よく使用するモードを登録したい。


    • [設定]−[ユーザプロパティ設定]より設定・登録できます。

      設定したコマンドの属するタブを指定して設定します。

    [設定]−[ユーザプロパティ設定]

    • Ver5.0以降からは、[ユーザプロパティ設定]−[Cモード]タブで設定することができます。
      [ユーザプロパティ設定]−[Cモード]


    ■ よく使うモードがあるので、コマンドを分けたい。


    • [設定]−[カスタムコマンド登録]で定義します。

    カスタムコマンドは、現在設定されているモードで登録されます。
    (例)確認なしの削除コマンドを登録する場合
       @ 削除コマンドを選択して削除コマンドを起動します。
       A モードを削除なしに切り替えます。(モードの右端の切り替えボタン)
       B メニューの[設定]−[カスタムコマンド登録]を指定します。
       C コマンド名称を '削除(確認なし)' とします。
       D 説明を ‘要素の削除をします。(確認なし)'とします。

    fx2-faq


    ■ FXと同じコマンドを使いたい。


    • [設定]−[コマンド定義]− [ツールバー]で定義します。

    FXと同じ仕様のコマンドが、[カスタムコマンド]として用意されていますので、ツールバーに定義することでご使用になれます。

    fx2-faq
    fx2-faq 水平直列寸法コマンド
    fx2-faq 垂直直列寸法コマンド
    fx2-faq 並行直列寸法コマンド


    ■ [分割点]コマンドは、どこ?


    • 分割点コマンドのモードを変更します。

    [距離・分割点]コマンドのモードを[分割]にします。

    fx2-faq



    ■ [端点]コマンドは、どこ?


    • コマンド割り付けで追加します。

    [コマンド定義]−[ツールバー]の種類を作図に指定し端点コマンドを配置します。

    fx2-faq



    ■ 線と円の面取りをしたい


    • プロコマンドの面取りで行います。

    [プロコマンド]−[面取り]を指定して面取りを行います。

    fx2-faq

    fx2-faq


    ■ 長径・短径を指定して楕円を描きたい。


    • コマンド割り付けで追加します。

    [コマンド定義]−[ツールバー]の種類を作図に指定し楕円2コマンドを配置します。

    fx2-faq



    ■ 接線を引きたい。[接線]コマンドは、どこ?


    • 線分コマンドで引くことができます。

    [線分]コマンドで、要素を指定することにより接線を引くことができます。

    fx2-faq



    ■ 円に指定角度で接する線を引きたい。


    • [角度線]コマンドで引くことができます。

    @ [角度線]コマンドを指定します。
    A 円要素を指定します。
    B 角度を入力します。
    C 始点を指定します。
    D 終点を指定します。

    fx2-faq fx2-faq



    ■ [中心点指定円]で、1度入力した径で、連続して円を配置したい。


    • 径入力時、コンソールパネルのステータスボタンをクリックして、鍵マークにすることで、入力した径で連続して配置できます。

    @ [中心点指定円]コマンドを選択します。
    A 径を入力します。
    B ステータスボタンをクリックして、鍵マークにします。
    C 配置点を指定します。

    径入力後、[Shiftキー + Enterキー]でもロックすることができます。

    中心点指定円



    ■ Ver.6にVerUPすると、機械要素(ねじ、タップ穴等)を配置した時、ねじ谷部分が3/4円になる。


    3/4円 Ver.6より、現在のJIS規格表記にも対応した結果、左記のように形状で配置されます。
    • Ver.5迄の全円との切り替えは、下記の設定で行います。

    @ [設定]-[部品]-[機械要素設定]をクリックします。

    A [動作設定]のタブを選択し、「ねじ谷を3/4円で描画する」のチェックを外します。

    [設定]-[部品]-[機械要素設定]



    ■ 2つの離れた線分の延長線上の交点を求めるにはどうすればよいか?


    • 「参照」アイコンをクリック、または、右クリック[参照]メニューを選択します。 参照

    @ 線分1、線分2を指定することで、各々の線分の延長線上の交点が表示されます。
    線分指定

    A また、点と点(端点と端点)を指定することで、指定した2点間の中点が表示されます。
    2点間指定



    ■ 詳細図(拡大図)の作図方法について


    • 「ツール」メニューから、「プロコマンド」を選択し、「詳細図」のアイコンをクリックします。
    「プロコマンド」-「詳細図」
    • 詳細図を描く範囲を対角点指定します。
    詳細図の範囲指定
    • 対角点指定した範囲に矩形枠を描画するかを指定します。 「枠の描画」

      【描画しない】
       ・枠を描画しません。

      【元図に描画】
       ・元図に枠を描画し、詳細図には描画しません。

      【詳細図に描画】
       ・詳細図側に枠を描画し、元図には描画しません。

      【両方描画】
       ・元図・詳細図とも、枠を描画します。
    • 元図の基準となる点を指定します。
    • 複写先レイヤを選択します。 複写先レイヤの指定
    • 尚、倍率は、複写先のレイヤ縮尺により決定されますので、倍率を変更する場合は、複写先のレイヤ縮尺を変更します。

      ※倍率:【複写先レイヤ縮尺】÷【元図のレイヤ縮尺】

      縮尺設定
    • 複写する位置を指定します。
      詳細図(拡大図)
    【円形状の詳細図を作図するには?】
    • 「プロコマンド」から「詳細図」を起動後、スペースキーを押します。
    • 下記の「詳細図のプロパティ」が表示されたら、「拡大図を円形とする」にチェックを入れます。
      「詳細図のプロパティ」-「拡大図を円形とする」


    Copyright (C) 2009-2010 ABKSS Co.,Ltd., All rights reserved.
    omo